車を買取に出した時に言われる事故車と修復者の定義とは

>

車を査定に出した時に言われる修復車や事故車といわれる定義とは

このコラムをシェアする

修理しながら大事に乗り継いでいく自家用車

若いときに新しく購入した自家用車も長年乗り続けていると、車検も必要ですし一年に一回の点検やその他の点検の度に部品交換や修理をしなくてはいけない場合が出てきます。
また、運悪く事故にあった場合も修理が必要になりますし、修理をその都度しながら乗り継いでいくのが自家用車であるといえます。
また、自動車を買い替える目安の期間に関してですが、乗り方にもよるでしょうが大体10~15年以上乗っていると買い替えの目安になるそうです。
車検の回数や点検の数、さらには修理歴などを考えるとたいていそのくらいの年数で買い替える方が多いようですね。
長年乗っていると自家用車に愛着もわいてきますから少しでも長く大切に乗りたいものです。

修理もあるが運悪く事故で直すこともある

メンテナンスの場合は定期的に点検を行うことで持たせるように細かく細部の調整や部品交換をしてもらいながら乗り続けるのが普通ですが、運悪く事故にあってしまって直さないといけなくなる場合というのもでてくるものですが、こういった場合は結構事故の規模にもよりますが大がかりな修理になることもあり車への負担やダメージが大きくなることもあります。
メンテナンスのときには部品交換などで済みますが事故の場合は明らかにボディも修理しなくてはならなくなるので、車自体にダメージを与えてしまうことになりがちです。
そうしたダメージを修復しながら乗り続けているとどこか問題が車に出てきますので買い替え寿命が短くなる可能性も出てきます。