車を買取に出した時に言われる事故車と修復者の定義とは

>

査定に出して安くなるのか高くなるのかの基準とは

このコラムをシェアする

買い替えを決断して中古買取業者へ

そろそろ買い替えの目安になる年数にもなってきて、新しい車に興味が出てきたらよし買い換えようかという事になり中古買取業者へ見積もりを取ることになります。
しかし、結構な確率であるのが買取業者によってかいとりがくがおきくことなることがあり、結局何軒かの中古車買取業者を回ることになります。
理由はいろいろとありますがまず買取業者それぞれに買い取り基準があって、これは独自のものなので業者によって違いがあることが大きいですね。
それと事故車や修復車は平均して買い取り価格が安くなる傾向があり、これも査定に少なからず影響します。
そして査定技師が買取業者には存在しますが、ベテランの買い取り師と新人や経験の浅い買取技師ではこれも買い取り価格に差が出てきます。

買取する側の明確な基準とは

では買取する側の明確な基準とはいったいどういったところにあり、重視してみているところはどこにあるのでしょうか。
まずどこの業者でも注目するのは車の年式、走行距離、エンジンの状態などで、さらにはボディの傷みはどのくらいか、内装がきれいかどうかなど、細かいところも見られます。
また整備記録簿や取扱説明書があると査定がアップする場合があるそうで、ここは大事なポイントとして覚えておきましょう。
さらにボディカラーも査定に影響するといわれており、人気の色は上から順にホワイト、ブラック、シルバー、ブルーでコーティング加工のあるパールホワイトなどはさらに査定がアップするそうです。
あとボディの凹みや傷などはへんに自分でいじらずにそのまま出したほうが買取価格に有利に働くそうです。